シリーズ・哲学のエッセンス デイヴィドソン 「言語」なんて存在するのだろうか

商品番号 1021-1-220624-121

1,000円(税込)

在庫状況 残り1点です

購入数

「デイヴィドソン」=ドナルド・ハーバート・デイヴィドソン(1917-2003)。言語哲学者。クワイン、クリプキに並ぶ20世紀のアメリカ哲学のキー・パーソンの1人とされる。

本書のテーマは「そもそも我々が言語と呼んでいるものは何なのか?」「それを使用するコミュニケーションとはどのような出来事なのか」ということをデイヴィドソンの議論に沿いながら考えてみること。

一般にデイヴィドソンの思想は難解と言われ、その上日本語に訳されたも自体も少なく、一般人向けに書かれたものに至ってはぼ皆無の中、平易で一般人にも分かりやすく解説した本書は非常に貴重なものと言える。

「ことばによって他者を理解するとはどういうことか。解釈の賭を通じて生み出される合意。それを可能にするのは言語能力ではなく生きることへの熟練である。」(帯より)

デイヴィドソン専門家ではない哲学者が捉え、説明しているからこそのエッセンスが凝縮されたデイヴィドソン入門書。

*****************************************
▲2004年 NHK出版

▲ 天:わずかにシミ

▲ 若干スレキズ等ありますが、使用感少なく概ね良好

買取をお考えの方は、こちらのサイトへ!north book center買取

  • 買取専門サイト north book center買取
  • 買取のながれ

販売商品カテゴリ

ご利用ガイド

買取希望はこちらのサイトへ

古本でできるボランティア

カテゴリーから探す